コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバダビア リバダビア Rivadavia, Bernardino

3件 の用語解説(リバダビアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リバダビア
リバダビア
Rivadavia, Bernardino

[生]1780.5.20. ブエノスアイレス
[没]1845.9.2. カディス
アルゼンチンの政治家。大統領 (在任 1826~27) 。 1811年三頭政府の官房長官となり,移民の奨励,農業の振興などの改革を実施。 21年ブエノスアイレス州政府の内相として永代土地貸与制度,軍隊の整備,教会の権限の削減,教育の拡充などに尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リバダビア【Bernardino Rivadavia】

1780‐1845
アルゼンチンの政治家。ブエノス・アイレス生れ。1806年イギリスの侵略軍と戦い,独立運動,建国の指導者としてブエノス・アイレス市主導の中央集権主義派を指導し,26年リオ・デ・ラ・プラタ諸州連合の初代大統領に就任。ヨーロッパ自由主義を範として文民主導の政治改革,司法・教育・医療制度を整備し国の近代化をめざしたが,中央集権主義派と連邦主義派との抗争のなかで翌年失脚。亡命先のスペインで死去した。【今井 圭子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバダビア
りばだびあ
Bernardino Rivadavia
(1780―1845)

アルゼンチンの政治家、大統領(在任1826~27)。1810年に始まったアルゼンチンの独立運動に参加し、11~12年の第1回三頭政府の長官を務めた。21年ブエノス・アイレス州政府の内務大臣となり、農牧業の振興、ブエノス・アイレス大学の設立、教会財産の削減など啓蒙(けいもう)主義的改革を実施した。26年2月、アルゼンチン共和国の初代大統領に就任し、中央集権的な政策を打ち出した。しかし、連邦派の反発を招き、加えて、26年1月に始まったブラジルとの戦争を早期に解決しようとして、ウルグアイ地方を放棄する条約を締結したことが批判を浴び、27年6月失脚した。[松下 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リバダビアの関連キーワードブエノスアイレスフストペロンルハン亜爾然丁ブエノスアイレス午前零時ブエノスアイレスの熱狂イリゴージェンブエノス・アイレスランチェーラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone