リベイロ(読み)りべいろ(英語表記)Bernardim Ribeiro

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リベイロ(Bernardim Ribeiro)
りべいろ
Bernardim Ribeiro
(1482ころ―1552)

ポルトガルの詩人。リスボン大学で法律を学び、ドン・ジョアン3世の宮廷の書記となったが、のち狂死した。ポルトガル最初の田園詩人で、古代ギリシアの詩人テオクリトスやローマの詩人ウェルギリウス風の『牧歌』(1554)を発表した。『むすめ』(1554)は自伝的物語で、人妻となった従妹(いとこ)への悲恋を字謎(じなぞ)を通してつづった叙情味あふれる名作。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android