コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュサンドロス リュサンドロスLysandros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュサンドロス
Lysandros

[生]?
[没]前395. ハリアルトス
古代ギリシア,スパルタの将軍,政治家。前 407年海軍総督となり,ペロポネソス艦隊の建直しやペルシアとの政治折衝などにたずさわり,翌年にはノチウムの海戦を勝利に導いた。アルギヌサイの戦いののち再び艦隊の指揮をとり,前 405年アイゴスポタモイの戦いでアテネ海軍に壊滅的打撃を与え,決定的な勝利を収めた。この結果アテネはついに降伏するにいたった。アテネ降伏ののち,彼は同市に「三十人僭主」として知られる寡頭政治を行わせた。前 395年コリント戦争が勃発すると陸軍を率いてボイオチアに侵入,ハリアルトスに進軍し,そこでの包囲戦で戦死した。彼は傑出した才能の持主であったが,その傲慢さと自分の野心のためには何事をも辞さないという態度によって多くの敵をつくった。ネポスとプルタルコスによる伝記が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リュサンドロス【Lysandros】

?‐前395
スパルタの将軍。ペルシアの支援をえてペロポネソス海軍を強化し,アイゴスポタモイの戦アテナイ海軍を潰滅させた。続いてアテナイを包囲・降伏(前404)させた彼は,諸市に総督をおいたり寡頭政的な十人支配を樹立し,スパルタの支配体制確立に努めたが,永続きしなかった。また選挙王制導入を試みたが失敗し,アゲシラオスを王に擁立したが本人に退けられた。偉才であっただけに,敵も多い人であった。前395年テーバイの不意討ちに斃れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリュサンドロスの言及

【コリントス戦争】より

…ペロポネソス戦争に勝利したスパルタは,小アジア諸ポリスの反ペルシア闘争を支援し,ペルシア勢力圏に介入したため,ペルシアはギリシア本土に働きかけて反スパルタ運動を起こさせ,スパルタの矛先を転じようとした。これに応えて,前395年テーバイはアテナイの支援を受け,ハリアルトスの会戦でスパルタのリュサンドロス軍を打倒。これを機に前記4国の同盟を結成しスパルタにあたった。…

※「リュサンドロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リュサンドロスの関連キーワードアイゴスポタモイコリントス戦争カリクラチダステラメネス暗号

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android