リョウメンシダ(英語表記)Arachniodes standishii (Moore) Ohwi

世界大百科事典 第2版の解説

リョウメンシダ【Arachniodes standishii (Moore) Ohwi】

日本各地の山地林床に生じ,大群落をつくることが多いオシダ科の常緑多年生シダ植物。朝鮮半島南部にも分布する。細かく切れこんだ葉の裂片が葉裏に整然と並ぶため,裏面のほうがかえって立派に見えるので両面シダの名がある。根茎は短く,横向きで,しばしば走枝状の不定芽を出して繁殖する。葉は大型で,楕円形から卵状楕円形,鋭尖頭,長さ80~150cmに達する。鱗片は細く,葉柄下部以外ではまばらである。胞子囊群葉身の下部から上方にかけてつき,葉脈に頂生し,包膜は円腎形で全縁。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リョウメンシダ
りょうめんしだ / 両面羊歯
[学]Polystichopsis standishii (Moore) Tagawa

オシダ科の夏緑性シダ。短い根茎から4回羽状の葉を束生する。葉は1.5メートルになり、鮮緑色で、表裏が同じようにみえるのでこの名がある。胞子嚢(のう)群は裏面の下部に多くつき、円形。包膜は円腎(えんじん)形。各地の山地林下に群生する。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android