コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウメンシダ Arachniodes standishii (Moore) Ohwi

2件 の用語解説(リョウメンシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リョウメンシダ【Arachniodes standishii (Moore) Ohwi】

日本各地の山地の林床に生じ,大群落をつくることが多いオシダ科の常緑多年生シダ植物朝鮮半島南部にも分布する。細かく切れこんだ葉の裂片が葉裏に整然と並ぶため,裏面のほうがかえって立派に見えるので両面シダの名がある。根茎は短く,横向きで,しばしば走枝状の不定芽を出して繁殖する。葉は大型で,楕円形から卵状楕円形,鋭尖頭,長さ80~150cmに達する。鱗片は細く,葉柄下部以外ではまばらである。胞子囊群は葉身の下部から上方にかけてつき,葉脈に頂生し,包膜は円腎形で全縁。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リョウメンシダ
りょうめんしだ / 両面羊歯
[学]Polystichopsis standishii (Moore) Tagawa

オシダ科の夏緑性シダ。短い根茎から4回羽状の葉を束生する。葉は1.5メートルになり、鮮緑色で、表裏が同じようにみえるのでこの名がある。胞子嚢(のう)群は裏面の下部に多くつき、円形。包膜は円腎(えんじん)形。各地の山地林下に群生する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リョウメンシダの関連キーワード裏白雲切草蘿蔔草大群爪蓮華輪違草黒初米茅拶双魚峠芝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone