コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リージ リージ Lisi, Nicola

3件 の用語解説(リージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リージ
リージ
Lisi, Nicola

[生]1893. スカルペリーア
[没]1975
イタリアの小説家。カトリック作家の第一人者。主著『水』L'acqua (1928) ,『童話集』 Favole (33) ,『魂の国』 Paese dell'anima (34) ,『田舎司祭の日記』 Diario di un parroco di campagna (42) ,『愛と悲嘆』 Amore e desolazione (46) ,『土の顔』 La faccia della terra (60) ,『知恵の種』 Il seme della saggezza (67) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リージ
リージ
Risi, Nelo

[生]1920. ミラノ
イタリアの詩人。医学を修めたが,常にその関心は文学あるいは映画に向い,『労働と日々』 Le opere ei giorni (1941) ,『さしのべられた手首』 Polso teso (56) ,『最小最大』 Minime Massime (62) などの詩集には,多様で錯綜した現代の諸相を描きつくそうとする姿勢が強くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リージ
りーじ
Nicola Lisi
(1893―1975)

イタリアの小説家。エルメティズモの詩人たちを多く集めたフィレンツェのカトリック系文芸誌『フロンテスピーツィオ』の創刊者の一人。代表作『寓話(ぐうわ)』(1933)、『魂の故郷』(1934)、『田舎(いなか)司祭の日記』(1942)などでは、古いカトリック作家の手法を意識的に取り入れ、現実と非現実が交錯する特異な世界を描いた。ほかに『家の窓辺の話』(1973)がある。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リージの関連キーワードスカルプダブルスカルベルナーアルペンカルーアミルクスカルプ&ヘアシリーズDHC スカルプケアシリーズペリカーノメイトー あんずのマスカルポーネパスカルの三角形新ペリア方式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リージの関連情報