リーマー

百科事典マイペディア「リーマー」の解説

リーマー

加工用の切削工具ドリルなどであけた穴を高精度のきれいな面に仕上げるのに使用。円筒の軸に平行な刃をもつものと,ねじれ刃のものがある。全体の形からソリッド形,シェル形,アジャスタブル形,用法からハンドリーマー,マシンリーマーなどの区別がある。
→関連項目切削工具中ぐり盤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「リーマー」の解説

リーマー

〘名〙 (reamer) ドリルであけた穴の直径を適切な寸法に広げ、内面を美しく仕上げる工具。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「リーマー」の解説

リーマー【reamer】

ドリルであけられた穴は,内面の粗さ,真円度,直径,真直度などの精度は低い。これを修正して正確な穴に仕上げるのに用いられる切削工具をリーマーといい,ドリルのように回転させながら穴の中に送り込み,直径で0.05~0.5mm程度だけ軽く削りとって仕上げる。手作業で使用するハンドリーマーは柄の部分がまっすぐのストレートシャンクが多く,ボール盤旋盤などの工作機械に取り付けて使用するマシンリーマーでは,テーパーをつけたテーパーシャンクが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android