コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルサンティマン ressentiment[フランス]

2件 の用語解説(ルサンティマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルサンティマン【ressentiment[フランス]】

怨恨または復讐(ふくしゆう)感情と訳される。弱者はその弱さゆえに強者に対する不満や憎悪をストレートに表出することができないために,内攻的にうっ積した不満や憎悪は,強者に対する怨恨ないし復讐願望となって意識下に抑圧されている。これがルサンティマンである。圧制的な支配者に対する大衆の行動や思想には,表面上いかに高貴な倫理性が標榜されていようとも,しばしばこの屈折した怨みの激情ないし復讐欲がこめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルサンティマン
るさんてぃまん
ressentimentフランス語

怨恨(えんこん)または復讐(ふくしゅう)感情と訳される。その社会心理学的な意味は、強者と弱者の社会関係、あるいは支配者と被支配者の社会関係のなかにそれを位置づけ、ルサンティマンを「強者への憎悪を満たそうとする弱者の復讐心が内向的に屈折している心理状態」としてとらえたときに浮かび上がってくる。ニーチェは、このような考え方をキリスト教の倫理に適用し、そこにおける「愛」は、ユダヤ教に由来する憎悪感や復讐感情の裏返された表現にすぎないとする。またM・シェラーは、「革命」の本質を、少数の支配階級に対する多数者(大衆)のルサンティマンの結晶化とその発現によって説明しようとした。今日では、ルサンティマンの概念は定着したが、それを社会運動に直結させる考え方は、過度の心理主義的解釈として否定的に評価されている。[田中義久]
『F・W・ニーチェ著、木場深定訳『道徳の系譜』(岩波文庫) ▽M・シェーラー著、田中清助訳『道徳形成におけるルサンチマン』(『現代社会学大系8 マンハイム シェーラー 知識社会学』所収・1973・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルサンティマンの言及

【祟り】より

…また今日の新宗教運動の多くが,現在の不幸や病気の原因を先祖の霊の祟りの作用であると説明し,その祟りの消除のため先祖供養を勧めているのも,古くからの祟り信仰に基礎をおいたものということができるであろう。 以上述べてきた祟り現象の諸相は,要するに特定の人間の執念や怨念が凝りかたまって呪詛霊となり,それに感染することによって異常現象が発生するというものであるが,これはある意味でニーチェのいう〈ルサンティマン(怨恨感情)〉の発現と類似している。かつてニーチェは,原始キリスト教の成立とフランス革命の発生の心理的動機を,社会の水平化現象をひきおこすルサンティマンによって説明しようとした。…

【ドイツ文学】より

…このように外国の影響は圧倒的であったが,ブルボン朝のもとで古典主義が開花したフランスと,戦争の荒廃から立ち直れないドイツとの差はまたあまりにも大きかった。文学者の間に,ドイツ語を整備し,自国の文学の独自性を主張しようという願望が強くなり,それによって次の時代での国民文学誕生の素地がつくられたが,また長く尾を引くルサンティマン(怨恨)もここで胚胎した。
[自然への帰依と合理性]
 18世紀にはいり,宗教の束縛がゆるむにともなって,一方では合理的な思惟による生活規範の見直しが行われ,他方では自由な感情の飛翔による自然への帰依が生ずる。…

※「ルサンティマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルサンティマンの関連キーワード怨恨死友復讐終わりなき復讐復讐戦復讐の血族復讐はお好き?ふさわしき復讐誇りと復讐真夜中の復讐者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone