コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルシタニア号事件 ルシタニアごうじけんLusitania Incident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルシタニア号事件
ルシタニアごうじけん
Lusitania Incident

第1次世界大戦中の 1915年5月7日アイルランド沖でドイツ潜水艦U-20が,イギリスの豪華客船『ルシタニア』号 (3万 2000t) を魚雷攻撃し,乗客 1959名中,中立国アメリカの市民 128名を含む 1198名を溺死させた事件。ドイツによる無制限潜水艦戦のはしりであり,またアメリカの対ドイツ参戦を促す要因となった。ドイツ側は『ルシタニア』号が武装し,かつ多数の弾薬を積載していたと主張したが,アメリカ駐在ドイツ大使館付き武官の計画という説もあり,また多くの婦女子が乗船していたことから,アメリカの世論を沸立たせた。ドイツも当時は食料およびその原料を中立国アメリカに依存していたため,一時潜水艦攻撃をゆるめたが,17年以降は再び無制限潜水艦戦に転換した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルシタニア号事件【ルシタニアごうじけん】

第1次大戦中の1915年5月7日,ドイツ潜水艦が大西洋航路の英国汽船ルシタニア号をアイルランド沖で無警告撃沈した事件。1100余名の乗客が溺死(できし)したが,その中には中立国人たる米国人100余名が含まれていたため,米国の世論を刺激し,後の対独参戦の一因ともなった。
→関連項目アニメーション

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルシタニア号事件
るしたにあごうじけん

第一次世界大戦中の1915年5月7日、イギリス商船ルシタニアLusitania号が、ドイツ潜水艦に無警告撃沈された事件。同年2月、ドイツはイギリス海域に商船の立入禁止水域を設け、違反する商船はすべて無警告で撃沈すると宣言していた。ルシタニア号の1198人の犠牲者のなかにアメリカ人乗客128人が含まれていた。このためアメリカ国内ではドイツ非難の声が高まり、米独関係は緊張した。アメリカ政府の抗議でドイツは一時、潜水艦作戦を中止したが、のちにアメリカが参戦するときの口実を与えることとなった。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルシタニア号事件の関連キーワード第一次世界大戦史(年表)キュナード・ラインサセックス号事件ハバード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android