ルブルック(英語表記)Guillaume de Rubruquis

旺文社世界史事典 三訂版「ルブルック」の解説

ルブルック
Guillaume de Rubruquis

1220ごろ〜93
フランスのフランチェスコ派修道士
ローマ教皇インノケンティウス4世および仏王ルイ9世のモンゴルに派遣され,中央アジアをへて1254年カラコルムに到達し,モンケ=ハン謁見。数か月滞在し,ペルシアをへて帰国。中央アジア各地の地理風習宗教言語などを記した旅行記を著した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「ルブルック」の解説

ルブルック(Guillaume de Rubruquis)

[1220ころ~1293ころ]フランスのフランチェスコ会修道士。1253年、フランス国王ルイ9世の命を受けてモンゴル皇帝のもとに派遣され、カラコルムモンケ‐ハン見して帰国。中央アジア各地の地理・風俗・宗教・言語を伝える報告書を著した。リュブリュキ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android