コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリア ルリア Luria, Salvador Edward

4件 の用語解説(ルリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリア
ルリア
Luria, Salvador Edward

[生]1912.8.13. トリノ
[没]1991.2.6. マサチューセッツレキシントン
アメリカの遺伝学者。トリノ大学で医学を学ぶ。パリのパスツール研究所で,ファージを扱うための実験技術を修得。 1940年渡米,コロンビア大学で研究。 M.デルブリュックらとともに,研究グループ (のちにファージグループと呼ばれる) をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルリア(Salvador Edward Luria)

[1912~1991]米国の分子生物学者。イタリア生まれ。細菌ウイルスファージ)の遺伝学を研究し、細菌ウイルスの変異や多重感染による活性化などの現象を明らかにした。1969年、ノーベル生理学医学賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルリア

イタリア生れの米国の生化学者。トリノ大学卒。1940年渡米し,コロンビア大学,マサチューセッツ工科大学教授を経て,同大学癌研究所長。デルブリュックと共同研究を行い,バクテリオファージ突然変異などを利用してファージと細菌の遺伝的相互作用について多くのことを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルリア【Aleksandr Romanovich Luriya】

1902‐77
ソ連邦の神経心理学者。1921年カザン大学社会学部を卒業,24年からモスクワ実験心理学研究所に所属し,37年モスクワ第一医科大学卒業後,45年モスクワ大学心理学部教授となり,多くの神経心理学的研究を行った。その立場は,脳の諸領域が協調的に働いて心理活動の基本的構成要素となるシステムを形成するという力動的局在論であり,ビゴツキーの心理学とパブロフの高次神経活動学説を統合した。戦傷者の外傷性失語症,大脳前頭葉機能や記憶についてなど多数の研究があり,296項目からなる〈ルリア=ネブラスカ神経心理検査〉でも知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルリアの関連キーワード家山オブルチェフソ連ピエロンビゴツキー神経心理学ソ連邦カザン要塞カザン大学臨床神経心理学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルリアの関連情報