ルースハウジングシステム(英語表記)loose housing system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルースハウジングシステム
loose housing system

乳牛群を放し飼いにする管理方式。単飼繋留式に対する。ルースハウジングシステムの乳牛舎をルースバーン (開放式牛舎) と呼んでいる。その特徴は乳牛の多頭飼育に伴う省力管理による労働の軽減で,粗飼料は牛の自由採食にまかせ,敷わらも踏込式で年2回ほどの糞出ししかしない。この方式は労働賃金が高く,粗飼料は比較的豊富で安いという経済的条件の場合に適し,逆の場合は単飼繋留方式のほうが有利ということになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルースハウジングシステム【loose housing system】

ウシを拘束せずに,広い囲いの中に放して飼う飼育方式。欧米では古くから用いられていたが,第2次大戦以降,畜産物の需要が拡大する一方で,農業労働力が不足したため,多頭省力管理が必要となり,その解決法の一つとして急速に普及した。日本においても,1950年ころから採用され始め,放飼い方式または解放飼い方式などと訳されて,乳牛または肉牛の飼育に用いられているが,土地基盤や畜産経営立地条件などの違いから,欧米のようには普及していない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android