コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルースハウジングシステム ルースハウジングシステム loose housing system

2件 の用語解説(ルースハウジングシステムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルースハウジングシステム
ルースハウジングシステム
loose housing system

乳牛群を放し飼いにする管理方式。単飼繋留式に対する。ルースハウジングシステムの乳牛舎をルースバーン (開放式牛舎) と呼んでいる。その特徴は乳牛の多頭飼育に伴う省力管理による労働の軽減で,粗飼料は牛の自由採食にまかせ,敷わらも踏込式で年2回ほどの糞出ししかしない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルースハウジングシステム【loose housing system】

ウシを拘束せずに,広い囲いの中に放して飼う飼育方式。欧米では古くから用いられていたが,第2次大戦以降,畜産物の需要が拡大する一方で,農業労働力が不足したため,多頭省力管理が必要となり,その解決法の一つとして急速に普及した。日本においても,1950年ころから採用され始め,放飼い方式または解放飼い方式などと訳されて,乳牛または肉牛の飼育に用いられているが,土地基盤や畜産経営立地条件などの違いから,欧米のようには普及していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルースハウジングシステムの関連キーワード判例法囲いの間囲い山野放し放し飼い矢倉囲い遣りっ放し藁囲い牛駆け

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone