ルードルフ(2世)(読み)るーどるふ(英語表記)Rudolf Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルードルフ(2世)
るーどるふ
Rudolf
(1552―1612)

ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝(在位1576~1612)。幼時スペインでイエズス会の教育を受けたので、即位後は反宗教改革の動きがドイツに波及するのに強力な支援を与えた。そのためボヘミアではシュテファン・ボクスカイの反乱が起こり、またドイツ国内でも新教派諸侯が新教徒同盟(ウニオン)を結成し、旧教派諸侯の同盟(リガ)と対立し、皇帝の死後、三十年戦争が勃発(ぼっぱつ)する素地がつくられた。子供がなかったので、従兄弟(いとこ)のフェルディナントを後継者に指名しようとして弟のマティアスと争い、ハンガリーとオーストリアの支配権を奪われ、名目的皇帝にすぎない存在となった。ルードルフは学芸の保護者としても有名で、天文学者のティコ・ブラーエやケプラーらをプラハの宮廷に招いた。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android