コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レギュラシオン

百科事典マイペディアの解説

レギュラシオン

フランスの官庁エコノミストから生まれた,ケインズマルクスの流れをくむ学派。労使間,企業間,国際間の適切な合意に基づく各種制度があって初めて,政府の介入による経済の安定化,再生産が可能な構造への調整(レギュラシオン)が図られると考え,経済構造の変化に対応して制度自体の変更が必要と説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レギュラシオン
れぎゅらしおん
rgulation

ロベール・ボワイエを中心に、1970年代にフランスでおこった新経済学派の概念。「調整」と訳せよう。その目ざす体系は、なぜ、ある資本主義経済が成長と構造危機、あるいは停滞から躍進へと移行するのかという長期動学、なぜ、同時代において各国ごとに成長と危機が異なる形をとるのかという個別・国際比較経済史、そしてその危機の長期歴史的多様性を解明するものである。マルクス経済学徒がこの学派に移行する傾向が強い。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レギュラシオンの関連キーワードレギュラシオン理論(theorie de la regulation)カルロス(3世) オミナミラディカル・エコノミクスダンカン フォーリーレギュラシオン理論

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android