コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レクリングハウゼン Recklinghausen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レクリングハウゼン
Recklinghausen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州,ルール工業地帯の北端に位置する鉱工業都市。ライン=ヘルネ運河にのぞむ。コークス製造のほか,化学,機械,金属,繊維などの工業が行われる。古くはザクセン人の居住地で,カルル大帝のもとで帝国直轄都市。 1197年からケルン大司教管区となり,1236年都市権獲得。 1316年ハンザ同盟に加入。 19世紀に炭鉱が発見され,急速に工業化が進んだが,旧市街はそのまま維持され,聖ペテルス聖堂 (1276着工) など中世の建物が多い。人口 11万9050(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レクリングハウゼン
れくりんぐはうぜん
Recklinghausen

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方の郡庁所在都市、鉱工業都市。人口12万4800(2000)。1869年以来石炭採掘が行われ、加えて繊維、食品、家具などの工業がある。美術館、国立数学・自然科学教習所などがあり、ルール祝祭劇の開催地でもある。1236年に都市の資格を得、1316年ハンザ同盟の一員となった古い都市で、聖ペテル教会(13世紀創建、主要部は16世紀建築)、城館(18世紀)、旧市街地などにそのおもかげをとどめている。[齋藤光格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レクリングハウゼンの関連キーワードマール

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android