レジオネラ症(読み)レジオネラショウ

知恵蔵miniの解説

レジオネラ症

レジオネラ属菌による細菌感染症。劇症型の肺炎である「レジオネラ肺炎」と軽症の「ポンティアック熱」とがある。双方とも、土壌や水環境に日常的に存在するレジオネラ属菌を、免疫力の低下した人などが多量に吸い込むことにより発症する。循環水による温泉・噴水・ジャグジー・加湿器などで感染することが多い。レジオネラ肺炎は2日~10日の潜伏期間を経て、悪寒・高熱・胸痛・呼吸困難・意識障害などを引き起こし死亡する場合もある。日本では感染症法の4類感染症として医師に届出が義務付けられている。ポンティアック熱は1日~2日の潜伏期間の後、軽い発熱・筋肉痛・頭痛などを起こすが、通常は治療しなくとも2~5日間で回復する。

(2015-6-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レジオネラ症の関連情報