コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎膿瘍 じんのうよう renal abscess

3件 の用語解説(腎膿瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腎膿瘍
じんのうよう
renal abscess

腎臓に多発性の膿瘍が形成された状態をいう。外傷,尿うっ滞,血行障害などで腎臓の抵抗力が減退しているときや,細菌の毒力が強力なときに,血行性感染によって起る。膿瘍は,腎皮質に多発するもの (粟粒性腎皮質膿瘍) が多いが,髄質とか腎乳頭に限局することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

じんのうよう【腎膿瘍 Renal Abscess】

[どんな病気か]
 腎臓(じんぞう)の組織(腎実質(じんじっしつ))でも、とくに外側の皮質(ひしつ)あたりに、膿(うみ)のかたまりができた病気です。
 感染をおこす細菌は、からだのほかの部分にある感染巣から血行にのって運ばれてきます。原因菌の多くは、グラム陽性球菌(ようせいきゅうきん)です。
 小さな膿のかたまり(膿瘍(のうよう))が多数できたり、それが融合する状態になると、腎実質のほとんどが膿で占められることもあります。
 これが腎臓をおおっている膜(まく)を破って、外の組織にも感染すると、腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)(「腎周囲膿瘍」)になります。
[症状]
 寒けや震えをともなう高熱が出ます。また、腎臓部(わき腹)に痛みがあり、とくにたたくと痛みが強くなります。
[検査と診断]
 圧痛をともなう腫大(しゅだい)した腎臓をわき腹に触れます。
 感染のもとになった細菌は、扁桃腺(へんとうせん)や皮膚の化膿性疾患(かのうせいしっかん)からくることが多いので、そのような感染巣がないかを調べます。
 血液検査では、白血球(はっけっきゅう)増加や血液沈降速度(血沈(けっちん))の亢進(こうしん)など、炎症があることを示す結果が得られます。
 静脈性腎盂撮影(じょうみゃくせいじんうさつえい)、CTスキャン超音波検査などの画像検査で、膿瘍のある部位、大きさを調べます。
[治療]
 膿瘍が小さければ、強力な抗菌薬を使った化学療法で治癒(ちゆ)させることができます。症状が強く、また膿瘍が大きくなっている場合は、切開(せっかい)して膿をとることが必要です。
 敗血症(はいけつしょう)(「敗血症」)のおそれがあれば、腎臓を摘出することもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腎膿瘍
じんのうよう

腎臓の化膿性疾患で、皮膚や扁桃(へんとう)などの化膿巣から細菌が血行性に腎臓に運ばれておこる。原因菌としては黄色ブドウ球菌が多い。腎皮質に多数の小膿瘍を形成する場合が多いが、ときに限局性に孤立した大きい膿瘍をつくることもある。また、いくつかの小膿瘍が集合して皮膚のカルブンケルKarbunkel(癰(よう))と同様の病像を呈するものがあり、腎カルブンケルとよぶ。症状は悪寒戦慄(せんりつ)を伴う高熱、腎部の疼痛(とうつう)などであるが、膿瘍が腎盂(じんう)に破れることはまれであり、尿の変化は少ない。腎臓のX線撮影、画像診断などの所見を総合して診断が下される。強力な化学療法を行うが、これが効を奏しない場合や腎周囲に膿瘍が破れた場合には、手術が必要となる。[河田幸道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腎膿瘍の関連キーワード人工腎臓腎臓癌腎臓炎腎臓結石腎臓病腎臓形腎臓症腎臓状鉄鉱磯甚蔵三上曇蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone