レチナール(英語表記)retinal

翻訳|retinal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レチネン。網膜の杆状体に含まれる,視物質である視紅 (ロドプシン) を構成する物質。ビタミン A1 の一つで,網膜に光が当ると還元されて,レチノールとなる。レチナールはレチノールのアルデヒドであり,両者は同じ生理作用をもつ。体内ではレチノールからアルコールデヒドロゲナーゼによって作り出され,レチナールになるとオプシンと結合して視紅が再形成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

C20H28O(284.43).ビタミンAアルデヒド,レチネンなどともいう.ビタミンA(レチノール)の末端-CH2OHが-CHOになったもの.動物の網膜,卵,血漿などに存在する.この化合物の11-シス異性体は,網膜中タンパク質オプシンと結合して視色素ロドプシン(視紅)を形成し,ビタミンAとともに視覚作用に関与している.ビタミンAを活性二酸化マンガンで酸化すると得られる.黄色の柱状晶.融点61~64 ℃.λmax 369.5 nm(log ε 4.64).淡水産の魚類,両生類には3,4-デヒドロレチナールが視覚現象に関与しているものがある.[CAS 116-31-4]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレチナールの言及

【カロチン】より

…空中酸素により容易に酸化される。カロチンは動物体内で酸化され2分子のビタミンAに変化し,さらにビタミンAアルデヒド(レチナールretinal)となり視覚の光受容に重要な機能をもっている。また補助色素として光合成に関与し,光の破壊作用からの保護機能などを有している。…

【ロドプシン】より

…前者は強い光に反応して色覚をつかさどり,後者は弱い光のもとで明暗を識別するが,色覚には関係しない。ロドプシンは,細胞内のディスク膜の成分である分子量3万8000のオプシンopsinに,ビタミンAの誘導体11‐シス‐レチナールretinalが結合した複合タンパク質である。ビタミンAが欠乏するとロドプシンの合成が損なわれ夜盲症の原因となる。…

※「レチナール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android