コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レト Lētō

翻訳|Lētō

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レト
Lētō

ギリシア神話の女神。ティタン神族のコイオスとフォイベの娘。ゼウスの子をはらんだが,ゼウスの妻ヘラの嫉妬によってお産の場所を見つけることができず,世界中をさまよったあげく,ようやくデロス島で9日9夜の間陣痛に苦しんだ末に,双子の兄妹アポロンアルテミスを生んだ。デロス島はそれまで浮島であったが,彼女にお産の場所を提供した功績により,海底につながれ,かつデルフォイと並ぶアポロン崇拝の聖地とされることになったといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レト

ギリシア神話のティタン神族のコイオスとフォイベの娘。ゼウスに愛され,ヘラの嫉妬(しっと)のためにお産の場所を捜してさまよい,ついにオルテュギアの浮島(デロス島)でアポロンとアルテミスを産んだ。
→関連項目クサントス=レトーンニオベ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レト【Lētō】

ギリシア神話で,双子神アポロン,アルテミスの母神。ローマ神話のラトナLatonaにあたる。彼女はティタン神族のコイオスKoiosとフォイベPhoibēの娘で,ゼウスに愛されて双子神を懐妊したが,すべての陸地がゼウスの妃ヘラの怒りを恐れてお産の場所を提供しなかったため,レトはかろうじてオルテュギアOrtygia(〈うずらの里〉の意)と呼ばれた浮き島で両神を産み落とした。以来,この浮き島は海底に根を張った〈輝く島〉デロス島となり,アポロン,アルテミスの聖地として尊ばれることになったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レト【Lētō】

ギリシャ神話の女神。ゼウスに愛され身ごもったが、すべての陸地がゼウスの妃ヘラの怒りを恐れて出産の場を提供しなかったためさまよい続け、デロス島に迎えられてアポロンとアルテミスを産んだ。レートー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レト
れと
Leto

ギリシア神話の女神。ティタン神コイオスとフォイベの娘で、アポロンとアルテミスの母。彼女はゼウスの愛を受けて身ごもるが、これに嫉妬(しっと)したヘラがすべての国や島に産の場所を提供することを禁じたうえ、エイレイテイア(助産の女神)をも隠してしまう。困ったレトは世界をさまよったすえ、当時まだ浮き島であったデロス島にやっと受け入れられるが、そこで9日9夜苦しむ。同情した女神たちはヘラの目を盗んでエイレイテイアを派遣し、レトはナツメヤシの木に取りすがってやっと双子神を産むことができた。彼女はこのお礼に、デロスをアポロンの愛する島とした。本来レトは小アジアの豊穣(ほうじょう)女神であったかと考えられている。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレトの言及

【ギリシア神話】より

…ついで彼はテミスThemis(掟)をめとり,ホーライ(季節の女神たち),エウノミエEunomiē(秩序),ディケDikē(正義)などを生む。さらにデメテルによりペルセフォネを,レトによりアポロンとアルテミスとを得,最後にヘラと結婚し,彼女が正妻となる。ゼウスは人間の女との間にも多数の子をもうける。…

※「レト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

レトの関連キーワードコルティーナ・ダンペッツォコルティナダンペッツォスーサイド・スクワッドフォアアールベルクレト・ロマンス諸語エイレイテュイアレト・ロマン語サン・モリッツレト・ロマン語ゲルマン語派ロマンス語派エンガディンロマンシュ語ロマンス諸語デロス[島]ギリシア神話ロマンス語ワチェットラディン語ワジット

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android