少女歌劇(読み)しょうじょかげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少女歌劇
しょうじょかげき

女性だけによって演じられる音楽劇。日本独特のもので,明治末に白木屋呉服店の組織したものが最初。 1913年小林一三による宝塚唱歌隊 (現在の宝塚歌劇団) ,21年大阪松竹楽劇部,28年東京松竹楽劇部 (現在の松竹歌劇団) が誕生した。当初は「少女」というイメージに固執していたが,第2次世界大戦後はそのイメージにとらわれない舞台活動を展開している。レビューミュージカルオペレッタ,ショー,踊りが中心で,衣装舞台装置の豪華さも加わって,女性の間でその人気は高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじょかげき【少女歌劇】

若い女性だけのチームによって,ショーやオペレッタ風の音楽劇を演じる日本独特の大衆的な演劇形式。現在は名称から〈少女〉の字をはずしているが,〈宝塚歌劇団〉〈松竹歌劇団〉の2劇団がある。
[宝塚歌劇団]
 1912年に白木屋呉服店が西野恵之助の提唱で少女歌劇団を結成,同店演芸場で歌劇《羽子板》を上演したのが少女歌劇のはじめといわれる。一方,大阪三越の少年音楽隊にヒントを得て箕面有馬(みのおありま)電気軌道株式会社(阪急電鉄の前身)の小林一三(いちぞう)が宝塚少女歌劇養成会を発足させ,14年に第1回公演を,宝塚新温泉プールを改造したパラダイス劇場で開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少女歌劇
しょうじょかげき

女性のみで演じられるわが国独特の歌劇。歌劇と称しても本格的なオペラではなくレビューのたぐいで、また少女ばかりではなく30歳以上の団員も少なくない。1912年(明治45)1月東京・日本橋の白木屋呉服店で客寄せのために公演された少女歌劇がその最初とされているが、翌13年(大正2)創設された宝塚、さらに22年に発足した松竹の両歌劇団が代表的な存在である。いずれも若い女性観客層によって支えられてきたため、芸術的に低く評価する向きもあるが、その演出法や舞台技術がわが国のショー・ビジネスの分野に与えた影響は大きく、豪華絢爛(けんらん)という点でも世界のトップクラスにあるといえよう。また、歌劇団出身者から日本芸能界に優れたタレントを送り出していることも見逃せない。

[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじょ‐かげき セウヂョ‥【少女歌劇】

〘名〙 若い女性を中心に、男性をまじえないで演じられる日本独特の軽演劇。明治四五年(一九一二)東京日本橋の白木屋呉服店の組織した少女歌劇に始まり、その後大正に入って宝塚の少女歌劇団、大阪・東京の松竹少女歌劇団が組織されたが、現在は宝塚歌劇団だけが残る。
※ごりがん(1920)〈上司小剣〉四「少女歌劇で名高いあの宝塚の山の上に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報