コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフト・ブック・クラブ Left Book Club

世界大百科事典 第2版の解説

レフト・ブック・クラブ【Left Book Club】

イギリスの左翼人読書クラブ。1936年5月,人民戦線に文化的・大衆的基盤を提供する目的で設立された。V.ゴランツ,E.J.ストレーチー,H.J.ラスキが選者となり,ファシズム,戦争,貧困を扱う選書を毎月配布し,機関紙《レフト・ニューズ》を発行,最盛期には5万7000の会員と1500の討論集団を擁した。労働党から支持されず,独ソ不可侵条約後は共産党との関係で指導部が分裂,48年10月解散。【都築 忠七】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レフト・ブック・クラブの関連キーワードストレーチー(Evelyn John St. Loe Strachey)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android