コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプチャ族 レプチャぞく Lepcha

翻訳|Lepcha

2件 の用語解説(レプチャ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レプチャ族
レプチャぞく
Lepcha

ヒマラヤ山中のインドシッキム州ネパールブータンおよびインドのウェストベンガル州に住む一民族。人口約5万と推定される。ラマ教徒で,かつてはこの地方に広く分布していたが,16世紀以降チベット人に圧迫されて,現在は山間の峡谷地帯に散在している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レプチャぞく【レプチャ族 Lepcha】

ネパールの東端からインドのダージリンシッキム州にかけて居住するモンゴロイド系民族。推定人口6万。彼らは現居住地域の原住民とされ,とくにシッキムの山や川の名にはレプチャ語に由来するものが多い。しかし17世紀のボーティア(チベット)人の侵入によるシッキム王国の樹立以後,彼らに服属することになり,宗教もラマ教(紅帽派)を奉じ,生活様式もチベット化した。さらに18世紀以降のネパール人の東方進出によって,ますます少数民族と化していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のレプチャ族の言及

【シッキム[州]】より

…工業は果物加工のほかは未発達である。レプチャ族が原住民であるが,17世紀にはチベット族が,19世紀の茶プランテーションの発達につれて,リンブー,グルン,ネワールなどのネパール系諸民族が流入し多数派となった。17世紀以来王国が存在したが,1890年の清朝とイギリスとのシッキム条約によりイギリスの保護国となり,1947年には独立したインドがイギリスのシッキムに対する権益を継承した。…

※「レプチャ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レプチャ族の関連キーワードインパールダージリンネパールネパール語ネパール戦争ダージリン紅茶のレモンティTEAS'TEA THE ダージリン100ネパールの王宮広場ネパールと中印ガンダキ[川]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone