コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプチャ族 レプチャぞくLepcha

翻訳|Lepcha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レプチャ族
レプチャぞく
Lepcha

ヒマラヤ山中のインドシッキム州ネパールブータンおよびインドのウェストベンガル州に住む一民族。人口約5万と推定される。ラマ教徒で,かつてはこの地方に広く分布していたが,16世紀以降チベット人に圧迫されて,現在は山間の峡谷地帯に散在している。婚姻は兄弟一妻多夫婚一夫多妻婚がみられる。出自は父系をたどり,父系氏族に組織される。生業は,今日では農業や牧畜を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レプチャぞく【レプチャ族 Lepcha】

ネパールの東端からインドのダージリンシッキム州にかけて居住するモンゴロイド系民族。推定人口6万。彼らは現居住地域の原住民とされ,とくにシッキムの山や川の名にはレプチャ語に由来するものが多い。しかし17世紀のボーティア(チベット)人の侵入によるシッキム王国の樹立以後,彼らに服属することになり,宗教もラマ教(紅帽派)を奉じ,生活様式もチベット化した。さらに18世紀以降のネパール人の東方進出によって,ますます少数民族と化していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレプチャ族の言及

【シッキム[州]】より

…工業は果物加工のほかは未発達である。レプチャ族が原住民であるが,17世紀にはチベット族が,19世紀の茶プランテーションの発達につれて,リンブー,グルン,ネワールなどのネパール系諸民族が流入し多数派となった。17世紀以来王国が存在したが,1890年の清朝とイギリスとのシッキム条約によりイギリスの保護国となり,1947年には独立したインドがイギリスのシッキムに対する権益を継承した。…

※「レプチャ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報