コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レミング Lemmus lemmus; Norway lemming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レミング
Lemmus lemmus; Norway lemming

齧歯目キヌゲネズミ科。タビネズミともいう。体長 14cm,尾長 1.3cm内外。体は黄褐色。気候がよく,食物が豊富なとき繁殖力が高まり,個体密度が高くなることがある。このようなときに群れをなして大移動をすることがあるが,移動の途中で多くの個体は死んでしまうという。植物質ならほとんどなんでも食べる。岩の下や植物の下などに大きな丸い巣をつくる。スカンジナビア半島フィンランドラップランドなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レミング(lemming)

ネズミ科の哺乳類。体長14センチくらいで、尾はごく短い。夜行性北欧に分布。数年ごとに大繁殖し、群れをなして大移動をする。たびねずみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レミング

タビネズミとも。齧歯(げっし)目ネズミ科レミング族の哺乳(ほにゅう)類の総称。代表種ノルウェーレミングは体長15cm,尾1.3cmほど。体はずんぐりして,背面は赤みのある黄褐色,腹面は淡い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レミング【lemming】

齧歯(げつし)目ネズミ科レミング族Lemminiの哺乳類の総称。大発生した大集団が移動し,海や湖で大量に死に,よく集団自殺の例として引合いにだされる。ユーラシアと北アメリカの中・北部に4属10種が分布。体長7.5~15.7cm,尾長1~2.7cm,体重20~112g。体はハタネズミに似てがんじょうで四肢は短いが,尾がきわめて短い。毛が密生し,耳介は小さく毛に隠れる。体は赤みのある黄褐色に黒褐色の斑のあるノルウェーレミングLemmus lemmus(イラスト),夏毛は鈍い淡黄色を帯びた赤褐色だが,冬になると全身白色となるクビワレミング属Dicrostonyxなどさまざまである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レミング【lemming】

ネズミ科の哺乳類ノルウェー-レミングのこと。頭胴長10センチメートル 前後。尾は短く、ずんぐりした体形で、耳が小さい。体は黄褐色で、頭部から肩にかけて黒っぽい。周期的に大発生し、大群で直線的に移動し、湖や海に入って大量死することがある。フィンランド・スカンディナビア半島に分布。タビネズミ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レミング
れみんぐ
Norway lemming
[学]Lemmus lemmus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目キヌゲネズミ科の動物。正式名はノルウェーレミングという。フィンランド、スカンジナビア半島北・中部の山岳地帯に分布し、ツンドラや高山草原にすんでいる。頭胴長13~15センチメートル、尾長0.5~1.9センチメートル、体重約40グラム。夜行性で、地下や雪の下にトンネルを掘り巡らす。草、地衣類、蘚苔(せんたい)類を食べる。泳ぎは巧みであるが、3~4年ごとの大発生のときには、集団で移動して海中に飛び込み、おぼれ死ぬまで泳ぎ続けることで有名である。この大群での移動がみられるのは、爆発的増殖をおこしたときだけで、集団的恐慌状態に陥るものといってよい。しかし、通常年でも春になると低所に下がり、秋には高地に戻る移動を繰り返す。この通常の移動習性からタビネズミの名でもよばれるが、夜行性のためにこれらの移動は人目につかない。年2回、1産2~8子を産む。
 このほかレミング属Lemmusには、シベリア地方に分布するシベリアレミングL. sibiricus、アムール地方に分布するアムールレミングL. amurensis、プリビロフ諸島に分布するクロアシレミングL. nigripesなどがある。また、近縁の属としては、北アメリカやユーラシアに分布するクビワレミング属Dicrostonyxなどがある。なお、レミングの名でこれらを総称することもある。[宮尾嶽雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレミングの言及

【大発生】より

…哺乳類においても特異な生理・生態的変化をともなう場合のあることが知られているし,集団移動も頻繁に起こる。寒帯に住むレミング(タビネズミ)やユキウサギなどでは,前者は4年の,後者は10年の周期的大発生を繰り返し,これを食うアカギツネやオオヤマネコもそれにつれた周期的な密度変動を示すことが知られているが,温帯や熱帯に住む動物ではそうした周期的な大発生はほとんど見られない。 大発生の原因としては,えさをはじめとする生息条件の好転,天敵や競争種の欠如あるいは活動の低下などが考えられるが,多くの場合,そうした条件の発生は特別な気候条件の到来が契機となるとみられている。…

※「レミング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レミングの関連キーワードロバート・アレクサンダー マンデルランゲル島保護区の自然生態系ジェームズ・ボンドを夢見た男セーベルナヤゼムリャーフレミングの右手の法則フレミングの左手の法則ノボシビルスキー諸島ノーバヤゼムリャーアラン アーキン007薔薇と拳銃フレミングの法則ホッキョクギツネR. クラーク007号の冒険レンツの法則シロフクロウオクトパシータラのテーマシロハヤブサソデグロヅル

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android