コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンゲソウ

2件 の用語解説(レンゲソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レンゲソウ

ゲンゲとも。中国原産のマメ科の二年草。緑肥,飼料として田に多く作られ,日当りのよい原野,道端などに野生化する。茎は細く地をはい,奇数羽状複葉の葉を互生し,小葉は9〜11枚ついて倒卵形
→関連項目牧草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンゲソウ
れんげそう / 蓮華草
[学]Astragalus sinicus L.

マメ科の二年草。中国原産。排水した水田に緑肥用に栽培されるが、野生化もしている。ゲンゲ(翹揺)、レンゲともいう。秋に発芽し、茎は地面をはい、分枝し、春に高さ10~30センチメートルに伸び立って、花をつける。葉は羽状複葉で9~11枚の小葉からなり、小葉は楕円(だえん)形、長さ0.8~1.5センチメートル。花は長さ10~20センチメートルの花柄の先に多数固まってつく。その並び方が仏像の蓮華(れんげ)台のようなのでレンゲの名がついたという。個々の花は紅紫色、長さ1.2センチメートルで、蝶形花(ちょうけいか)で旗弁と竜骨弁は等長。果実は莢(さや)状で直立し、長さ2~2.5センチメートル、先は嘴(くちばし)状。熟すと黒くなり、中に帯黄色で腎臓(じんぞう)形の種子が数個ある。かつて稲作の緑肥用として栽培された。稲刈りのすこし前、灌漑(かんがい)をやめたころに、稲の間に10アール当り3~5キロメートルばら播(ま)きする。春に花盛りのころ、田に鋤(す)き込む。しかし現在は、春の田起こしが昔より1か月以上も早まったことと、生草の鋤き込みが、夏に稲の根に有害な物質を発生させる緑肥に頼らなくても化学肥料が十分に供給できるなどの理由で、レンゲの緑肥栽培は現在ではほとんどみられなくなった。若葉はゆでたり油炒(いた)めにして食べる。また全草を干してとっておき、煎(せん)じて飲み、利尿、解熱、リウマチなどの民間薬とする。[星川清親]

文化史

レンゲの名は『大和本草(やまとほんぞう)』(1709)に「京畿(けいき)の小児これをレンゲバナと云(い)ふ」とみえ、この呼び名から由来した。『花壇地錦抄(かだんちきんしょう)』(1695)は、まだスイレンを蓮華(れんげ)と扱う。『大和本草』には子供の遊び、馬の飼料、若葉の食用の記述がある。水田緑肥は江戸後期からで、佐藤玄明窩(げんめいか)が緑肥を口述した『培養(ばいよう)秘録』(1784)にはみえず、大蔵永常(ながつね)の『農家肥培論』(1826)にも、備前(びぜん)、備中(びっちゅう)、伊勢(いせ)などで緑肥とすると書かれ、関東などには触れていない。全国的に広がるのは明治以降である。
「奈良七重菜の花つづき五形(れんげ)咲く」 漱石(そうせき)[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンゲソウの関連キーワード隠元豆紅花隠元レンズ豆黄耆吉納インゲンマメシカクマメナタマメベニバナインゲンリョクトウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レンゲソウの関連情報