コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根粒菌(読み)コンリュウキン

百科事典マイペディアの解説

根粒菌【こんりゅうきん】

根粒バクテリアとも。マメ科植物のについてこぶを作らせ,その中に生息しながら共生の関係を結ぶ細菌の総称。またそのこぶを根粒という。リゾビウム属は代表的。遊離状態では運動性の杆(かん)菌であるが,適当な植物があると根毛内に侵入し皮部を刺激して根粒を形成,宿主から無窒素化合物,塩類,水をもらい,一方空気中の窒素を固定して宿主に与える。ゲンゲなどマメ科植物数種は窒素肥料として緑肥とされる。なお,広義の根粒菌としては,ハンノキやドクウツギなどマメ科以外の根に根粒を作るフランキア属の放線菌がある。
→関連項目空中窒素固定レンゲソウ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんりゅうきん【根粒菌 root nodule bacteria】

マメ科植物などの根に侵入してこぶ状の構造の根粒を作り,宿主と共生して窒素固定を行う細菌をいう。根粒菌のうちマメ科に共生するRhizobium属は種によって,それが共生するマメ科植物の範囲が限定され,宿主に対する親和関係で,アルファルファ,クローバー,エンドウ,インゲン,ルーピンダイズ,カウピー,レンゲの8群に分かれている。特定の根粒菌が特定の植物のみに侵入して根粒を作るのかまだ満足のいく説明はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんりゅうきん【根粒菌】

マメ科植物と共生して、根粒をつくる細菌。根粒中で空気中の窒素を固定し、自然界における窒素の循環に重要な役割を果たす。根粒バクテリア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android