コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑肥 りょくひ green manure

翻訳|green manure

6件 の用語解説(緑肥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑肥
りょくひ
green manure

植物を枯らしたり,腐らせたりせず,そのまま土壌にすき込んで肥料とすること。無機質肥料中の窒素肥料の節約に役立つとともに,土壌の流出や養分の溶脱を防ぎ,水分の蒸発にも作用するので,特に熱帯や雨の多い地方で有効。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょく‐ひ【緑肥】

緑色の生きている植物を田畑の土中にすき込んで肥料とすること。また、その植物。空中窒素固定を行うマメ科のレンゲソウウマゴヤシ・シロツメクサや青刈りダイズなどが用いられる。草肥(くさごえ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

緑肥【りょくひ】

青刈りした植物体を田畑にすきこんで肥料とするもの。自然緑肥(草肥)と栽培緑肥(苗肥)があり,後者にする植物はふつう緑肥作物と呼ぶ。緑肥作物には土地を選ばず生長が旺盛で,遊離窒素の固定力が強く,土壌中での分解が早いものがよい。
→関連項目自給肥料肥料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょくひ【緑肥】

若草は窒素,リン,カリウムなどの肥料成分を比較的多く含むので,刈り取って田畑にすきこみ,肥料として古くから用いられてきた。これを緑肥というが,江戸時代からは肥料に適した植物を選んで栽培する栽培緑肥がしだいに多くなった。栽培緑肥にはレンゲソウ,アルファルファ,青刈りダイズ,コモンベッチなどのマメ科植物が多い。マメ科植物は窒素肥料がなくても窒素固定によって空中窒素を利用して育ち,また体内の窒素含有量も多く,農地にすきこまれると容易に分解されて良質な窒素肥料になるなど経済的な利点もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょくひ【緑肥】

鮮緑な植物の葉や茎を田畑にすきこんで腐食させ肥料とするもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑肥
りょくひ

(なま)のままの草や木の葉などを肥料として土の中に鋤(す)き込むもので、昔から利用されてきた。鋤き込まれた植物体は、土壌中で微生物により分解されて養分が有効化し、作物に吸収、利用される。自然に自生している草を利用する野草緑肥と、レンゲなどのように水田の裏作に栽培し鋤き込んで利用する栽培緑肥とがある。明治初期までは緑肥の主体は野草緑肥で、栽培緑肥が盛んに用いられるようになったのは大正・昭和の時代になってからである。現在ではこの栽培されたものをさす。緑肥に使われる植物には多くの種類があるが、レンゲ、クローバー、青刈りダイズなどマメ科の作物を利用すると窒素の補給となり窒素肥料を節減できる。また、有機物の補給の目的ではトウモロコシ、ソルガムなど生育の旺盛(おうせい)な大きな作物が利用される。また、マリーゴールドは線虫対策となる。一時は肥料代の節約から緑肥としてレンゲ、青刈りダイズの栽培が盛んであったが、第二次世界大戦後は販売肥料の生産回復によって急激に減少した。しかし、土壌生産力を維持し、病気を回避する有機農業で緑肥はふたたび見直されている。使用に当たっては緑肥作物を土に鋤き込んでから定植までの期間をあけて、緑肥作物を十分に分解させる必要がある。[小山雄生]
『橋爪健著『緑肥を使いこなす』(1995・農山漁村文化協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑肥の関連キーワードクラウンガラス複合肥料リン酸カリウム加里カリ塩完全肥料無機肥料カリウム四〇ポリリン酸カリウム腐植酸系肥料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緑肥の関連情報