コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーニ

百科事典マイペディアの解説

レーニ

イタリアの画家。ボローニャかその近郊カルベンツァーノ生れ。ロドビコ・カラッチのアカデミーに入り,1605年に師と同行してローマに行ったが,1611年生地に帰り,ボローニャ派バロック絵画の代表的存在となった。
→関連項目グエルチーノドメニキーノ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レーニ【Guido Reni】

1575‐1642
イタリアの画家。ボローニャに生まれ,最初カルファールトDenys Calvaert,次いでルドビコ・カラッチに学ぶ。1600年ころから数回ローマに滞在し,教皇庁関係をはじめとする重要なフレスコ画を手がけるが,14年以後はボローニャを根拠地に活動,多くの弟子を擁して聖俗の主題による多数の油彩画を制作。カラッチ一族亡きあとのボローニャ派の代表的存在で,アカデミックな芸術観が崩壊する19世紀後半まで高い名声を保ち続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーニ
れーに
Guido Reni
(1575―1642)

イタリア、ボローニャ派の画家。最初フランドル出身のデニス・カルバールト(ディオニジオ・フィアミンゴ)の画塾で学んだが、1595年ごろR・カラッチの画塾に移り、カルバールトの後期マニエリスム的影響を脱した。1601年フランチェスコ・アルバーノとともにローマを訪れ、カラッチの古典主義に加えて、カラバッジョの劇的な光と影の表現を学んだ。しかし、07年ローマ再訪後はカラバッジョの影響も脱して、いっそう古典主義的性格を強めていく。ローマでは枢機卿(すうききょう)シピオーネ・ボルゲーゼによって多くの芸術的機会が与えられた。同枢機卿のカジーノ(別邸)の天井を飾る『アウローラ』(1613~14、現パラビチーニ・ロスピリオージ邸)はこの時期の傑作の一つ。この作品の完成後まもなくボローニャに帰り、以後、22年のナポリ、25年のローマ訪問など、短期間の中断を除けば、ほとんどボローニャにあって、同地の画派に君臨した。[西山重徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のレーニの言及

【ボローニャ派】より

…古い大学都市ボローニャは,13世紀の写本彩飾画にさかのぼる優れた美術的伝統を有するが,普通〈ボローニャ派〉という場合には,ボローニャで学び新様式を確立してイタリア美術に主導的役割を果たした16世紀末から17世紀前半にかけての一群の画家をさすことが多い。 彼らはいずれもボローニャでカラッチ一族のアカデミア(1582設立)に学び,そのおもだった者,すなわちレーニ,アルバーニ,ランフランコドメニキーノらはアンニバレ・カラッチに倣って1600年ころローマに出,教会堂,宮殿の大規模なフレスコ装飾,宗教的・神話的主題の油彩画を手がけ,アンニバレのあとを受けてローマ画壇の主流をなした。ただし,30余年にわたりローマで活動したドメニキーノとランフランコを別とすれば,ボローニャ派のローマ滞在は短期かつ断続的である。…

※「レーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レーニの関連キーワードエア フレックス トレイナーエア ダイアモンド レディインターバルトレーニングBLADETRAINERフリー アドバンテージリーフェンシュタールダイアモンドヒーローウェイトトレーニングWINDSPRINTムンディアル ゴールムンディアル チーム民族の祭典/美の祭典ハイドロプレーニング聖セバスチャンの殉教アクアプレーニングビルトトレーナーリトルモンスタービルトスプリントサンドメニコ教会リーディングラン

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android