ロカビリー(英語表記)rockabilly

翻訳|rockabilly

百科事典マイペディアの解説

ロカビリー

1950年代米国南部で発生したロックスタイル。ヒルビリー(アメリカの田舎の白人音楽。カントリー・ミュージック)色の強いロックンロールであり,初期のエルビス・プレスリーなどのスタイルを指す。日本では1955年ころからブームとなり,〈日劇ウェスタン・カーニバル〉というロカビリー専門の定期コンサートが開催され,山下敬二郎,ミッキー・カーチス平尾昌晃の3大スターが活躍,若い女性の熱狂的な支持を受けた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ロカビリー【rockabilly】

ロックンロールの草創期のスタイル。ヒルビリーの影響を受けたもので、1950年代後半プレスリーらにより世界的に流行。 → ヒルビリー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロカビリー
ろかびりー
rock-a-billy

ロックン・ロールとヒルビリー(カントリー音楽の別称)の合成語。カントリー界出身者エルビス・プレスリーの初期(1950年代中期)のカントリー感覚のあるスタイルに始まるとされ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンス、リッキー・ネルソンらの活動で大流行。日本では1958年(昭和33)の東京・日本劇場における「ウェスタン・カーニバル」が若者の人気をよんでブームとなった。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ロカビリー

〘名〙 (rockabilly) 一九五〇年代、ロックンロールとヒルビリー(アメリカ中西部の山岳地帯に発達した民謡調歌曲)双方の要素が融合して発生、流行したポピュラー音楽。当時日本でも大流行した。
※傷はまだ癒えていない(1958)〈中野好夫〉狐につままれたような再生「東京から楽団が来てロカビリーの演奏がやがてはじまるからだという」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のロカビリーの言及

【ジャズ】より

…50年代半ばには,白人のカントリー・ミュージックと黒人のリズム・アンド・ブルースが合成されてロックンロールrock’n rollが生まれる。さらにカントリー歌手エルビス・プレスリーが,よりカントリーの要素を強めてロカビリーrockabilly(rockとhill‐billyの合成語。ヒルビリーはカントリー・ミュージックないしその泥臭いものをいう)をつくり出し,黒人世界よりもはるかに広い聴衆を獲得することになる。…

【ヒルビリー】より

…元来この言葉は南東部山岳地帯などの出身者に対する蔑称だったが,1925年にレコード業界で彼らの音楽を指すために使われ始め,第2次世界大戦が終わるころまで使用された。なお50年代になって,アメリカ南部のカントリー的なロックンロールが,ヒルビリーと合成したロカビリーrockabillyの語で呼ばれ,エルビス・プレスリーらによってヒットした。カントリー・ミュージック【中村 とうよう】。…

【ロック】より

… こうして生まれてきた新しい音楽を〈ロック・アンド・ロール〉と呼びはじめたのは,ラジオのディスク・ジョッキーをしていたアラン・フリードAlan Freedだとされている(彼自身も《暴力教室》に出演した)。また,プレスリーや彼に続いて現れた《ブルー・スウェード・シューズBlue Suede Shoes》のカール・パーキンズCarl Perkins(1932‐ ),《ホール・ロッタ・シェーキン・ゴーイング・オンWhole Lotta Shakin’ Going On》のジェリー・リー・ルイスJerry Lee Lewis(1935‐ )などがいずれも南部のカントリー音楽の要素を強くもっていたことから,彼らの音楽をロックとヒルビリーhillbillyの合成語で〈ロカビリーrockabilly〉と呼び,《アイル・ビー・ホームI’ll Be Home》のパット・ブーンPat Boone(1934‐ )や《ダイアナDiana》のポール・アンカPaul Anka(1941‐ )のようにポピュラー・ソングに近い感覚を示した歌手たちの音楽を,ロックとバラードの合成語で〈ロカバラードrock‐a‐ballad〉と呼ぶようになった。こうしてさまざまの派生語を生みだしつつ多様化していったため,1960年代になると,それらの全体を呼ぶ言葉がロック,1950年代中葉の初期のロックを指す言葉がロックンロール,と使い分けるのが一般的となった。…

※「ロカビリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロカビリーの関連情報