コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ログハウス ログハウス

大辞林 第三版の解説

ログハウス

log+house〕
丸太を組んで造った家屋。丸太小屋。ログ-キャビン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵の解説

ログハウス

丸太を水平に、井桁(いげた)のように積み上げた壁によって建設された建物。スカンディナビアの伝統的な構法で、17〜18世紀に北米に伝播し、フロンティアのシンボルとして広まった。日本には1970年頃に導入されている。日本古来の校倉(あぜくら)に類似したものであることから、これも含めて、86年3月に建設省(当時)告示が公布された時から丸太組構法と総称されて普及した。しかし、在来の木造建築物に比べて制約が多く、規制緩和が求められていた。これを受けて90年5月に技術基準が改正され、主に地震や風圧などの水平力に抵抗するダボの本数の規制が緩和された。ログハウスは耐久性、断熱性、強度、湿度調節などに特長があり、木の香りに包まれた空間を創造できる。そのため、DIY(do it yourself=日曜大工)による山荘の建設などにも用いられている。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ログハウス

丸太を組んで作った家。別荘・山荘などに用いられ、耐久性・断熱性・調湿性にすぐれる。◇和製語。ログ(log)+ハウス(house)。「丸太小屋」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ログハウス

丸太小屋。丸太を積上げた壁によって構成され,それに窓や扉をつけた単純な建物。日本古来の校倉造りと似ている。昨今の自然回帰ブームも手伝ってセカンドハウスとして建てられることが多くなった。ある程度の基本を身につければしろうとでも造ることができるのも特徴。耐久性,断熱性,強度,湿度調節にすぐれている。もともとはスカンジナビアの伝統的工法で,17~18世紀に北アメリカに伝播,開拓時代のシンボルとなった。日本でも 1970年頃から導入され,1990年5月に規制が大幅に緩和されたことで一層普及が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ログハウスの関連キーワードマクマイケルカナディアンアートコレクション御殿場欅平ファミリーキャンプ場見晴らしの丘公園キララコテージ松江市宍道ふるさと森林公園柤岡柤大池公園バンガロー村野々湯温泉オートキャンプ場ダイレクト・マーケティング青川峡キャンピングパークキャンピカ富士ぐりんぱネイチャーランド・オムフリージア・マクロス山田大橋キャンプ場八滝ウッディランド奥琵琶湖キャンプ場アールシーコア那須いなか村奈良岡ゆきよ内藤ハウス藤崎智子菊地奈緒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ログハウスの関連情報