コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校倉造 あぜくらづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

校倉造
あぜくらづくり

断面が三角形となる横材を井籠 (せいろう) 組に積上げて壁体とした校倉風の建築様式。横材の稜角部が外壁に,平面部が内壁になり,したがって壁体の木口は鋸歯状となる。日本では奈良時代から平安時代初期にかけて,国府,寺院の倉の様式として各地に建築されたが,それ以後は例が少い。奈良時代の遺構として,正倉院宝庫,東大寺本坊経庫,唐招提寺宝蔵経蔵などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の校倉造の言及

【井幹】より

…中国建築で木材をせいろう組みに積み重ねてつくる構造をいう。校倉(あぜくら)造。漢の武帝が建てた井幹楼は高さ50丈という高大な楼閣であったことが知られる。…

※「校倉造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

校倉造の関連キーワードペタヤヴェシの古い教会ペタヤベシ聖堂ログハウス樺太神社跡倉庫建築

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android