コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校倉造 あぜくらづくり

2件 の用語解説(校倉造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

校倉造
あぜくらづくり

断面が三角形となる横材を井籠 (せいろう) 組に積上げて壁体とした校倉風の建築様式。横材の稜角部が外壁に,平面部が内壁になり,したがって壁体の木口は鋸歯状となる。日本では奈良時代から平安時代初期にかけて,国府,寺院の倉の様式として各地に建築されたが,それ以後は例が少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あぜくら‐づくり【校倉造(り)】

校倉風の建築構造東大寺正倉院唐招提寺(とうしょうだいじ)の宝蔵・経蔵など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の校倉造の言及

【井幹】より

…中国建築で木材をせいろう組みに積み重ねてつくる構造をいう。校倉(あぜくら)造。漢の武帝が建てた井幹楼は高さ50丈という高大な楼閣であったことが知られる。…

※「校倉造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

校倉造の関連キーワード異形断面糸角錐三角翼三角錐三角柱正三角形井楼井籠組み・井楼組み・井籠組・井楼組・井篭組み・井篭組三角螺子井楼組

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone