コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスコー ロスコー Roscoe, Sir Henry Enfield

3件 の用語解説(ロスコーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスコー
ロスコー
Roscoe, Sir Henry Enfield

[生]1833.1.7. ロンドン
[没]1915.12.19. ロンドン
イギリスの化学者。ロンドンで T.グレアム,A.ウィリアムソンに,またハイデルベルク大学で R.ブンゼンに師事した。マンチェスターのオーウェンズ・カレッジ教授就任 (1857) 以来,研究,教育に献身し,世界的な化学研究の中心地を築き上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロスコー
ロスコー
Roscoe, William

[生]1753
[没]1831
イギリスの文学者。『ロレンツォ・デ・メディチ伝』 Life of Lorenzo de' Medici (1795) のほか,児童詩を含む数冊の詩集がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロスコー
ろすこー
Sir Henry Enfield Roscoe
(1833―1915)

イギリスの化学者。ロンドンに生まれ、ロンドン大学でグレアムとウィリアムソンに学んだのち、1853年ハイデルベルクのブンゼンのもとに留学。水素と塩素の光化学反応を研究し、反応量が吸収した光エネルギーに比例することを示した(1855~1857)。1857年帰国し、マンチェスターのオーウェンス・カレッジの化学教授となった。もっとも重要な研究はバナジウムの研究で、その最高酸化物がV2O5であることを示し、また純粋なバナジウムを単離した(1865~1868)。化学教育の改善にも尽力し、『初等科学シリーズ・化学』(1872)やショルレンマーとの共著『化学教科書』(1877)など優れた教科書を著した。ハーデンとの共著『ドルトンの原子論の起源に関する新見解』(1869)の著作もある。1866年以後労働者のための公開講義を行った。1885年に大学を退職したのちは国会議員をはじめとして数々の役職を歴任した。[内田正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスコーの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロスコーの関連情報