コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロナルズ Francis Ronalds

世界大百科事典 第2版の解説

ロナルズ【Francis Ronalds】

1788‐1873
イギリスの電信・気象技術者。ロンドンに生まれる。1816年自宅の庭に10マイルの電線を敷き,有線電信による通信実験に成功,実用的電信技術確立の先駆となった。43年英国科学振興協会の気象台の名誉所長となり,45年写真式の連続自動気象表示装置を開発。この装置は多くの気象観測所で採用された。このほか,気象観測用のたこ(凧)の高度を一定に保つ方法の発明(1847)などがある。【古川 安】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロナルズ
ろなるず
Francis Ronalds
(1788―1873)

イギリスの通信技術者。18世紀後半から電流を利用する有線電信の試みが盛んになるが、その開拓者の一人である。彼の電信機は、電源にライデン瓶を用い、受信・発信の両側でアルファベットを記した文字盤を同周期で回転させ、送信側で送信したい文字が所定の位置にきたとき、ライデン瓶を短絡させて電流を流し、受信側の検電気の振れから受信側が文字を読み取るもので、1816年に約12キロメートル隔てて通信に成功した。気象観測技術でもいくつかの貢献がある。[渡辺 伸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロナルズの関連キーワードラングハンスサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)サリエリラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学喜多川歌麿

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android