ロマン ポランスキー

  • Roman Polanski

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督,脚本家,俳優

国籍
フランス

生年月日
1933年8月18日

出生地
パリ

本名
リブリング,ロマン

学歴
ウージ国立演劇映画高等学校(ポーランド)卒

受賞
アカデミー賞監督賞(第75回,2002年度)〔2003年〕「戦場のピアニスト」,ベネチア国際映画祭国際映画批評家連盟賞(第23回)〔1962年〕「水の中のナイフ」,ベルリン国際映画祭審査員特別賞(第15回)〔1965年〕「反撥」,ベルリン国際映画祭金熊賞(第16回)〔1966年〕「袋小路」,ゴールデン・グローブ賞監督賞(第32回,1974年度)「チャイナタウン」,ベネチア国際映画祭特別功労賞(第50回)〔1993年〕,ルネ・クレール賞〔1999年〕,カンヌ国際映画祭パルムドール(第55回)〔2002年〕「戦場のピアニスト」,BAFTA賞作品賞・監督賞〔2003年〕「戦場のピアニスト」,チューリヒ映画祭功労賞〔2009年〕,ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞,第60回)〔2010年〕「ゴーストライター」,ヨーロッパ映画賞作品賞・監督賞〔2010年〕「ゴーストライター」,セザール賞監督賞(第36回,2010年度)〔2011年〕「ゴーストライター」,セザール賞監督賞(第39回,2013年度)〔2014年〕「毛皮のヴィーナス」

経歴
ユダヤ系のポーランド人。パリに生まれ、3歳の時ポーランドに戻ったが、7歳の時一家は強制収容所に入れられ、母はそこで死んだ。その後脱出し1941〜45年他人の家庭で育てられる。’47年14歳の時クラクフの演劇学校に入り舞台に立つ。’54年ウージの国立演劇映画高等学校に入学。’57年短編映画を監督。’62年処女長編「水の中のナイフ」がベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞受賞、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、一躍世界に注目される。同年アムステルダムで「ダイヤモンドの河」を製作した後、’63年パリに移る。’64年女優バルバラ・ラスと結婚したがすぐに離婚、’68年1月女優シャロン・テートと結婚し、渡米。その年オカルト映画の幕を開いた「ローズマリーの赤ちゃん」を監督、世界中で大ヒットする。’69年8月臨月に近いシャロン・テートがヒッピーに惨殺されるという事件が起こり、英国に引きこもる。その後、再び渡米。’77年ロサンゼルスで少女暴行事件を起こし、裁判では有罪判決を受けたが、保釈中の’78年に映画撮影などと偽って欧州へ逃亡。同年米国当局は国際指名手配を出した。以後、パリを拠点に映画活動を再開。’79年「テス」でアカデミー賞撮影賞など3部門を制する。2002年の「戦場のピアニスト」でカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)、アカデミー賞監督賞を受賞。舞台では「ルル」「リゴレット」などを演出し、「アマデウス」のモーツアルト役、カフカの「変身」の主役などを務める。他の監督作に「反撥」(1965年)、「袋小路」(’66年)、「吸血鬼」(’67年)、「マクベス」(’71年)、「チャイナタウン」(’74年)、「フランティック」(’88年)、「赤い航路」(’92年)、「死と処女」(’94年)、「ナインスゲート」(’99年)、「オリバー・ツイスト」(2005年)、「ゴーストライター」(2010年)、「おとなのけんか」(2011年)、「毛皮のヴィーナス」(2013年)など。2009年9月、1977年の少女暴行事件に関連して、スイス司法当局に身柄を拘束され軟禁状態に置かれたが、2010年釈放された。自伝に「Roman by Polanski」。1989年33歳年下のフランス女優、エマニュエル・セニエと3度目の結婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android