コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン交響楽団 ロンドンこうきょうがくだんLondon Symphony Orchestra

3件 の用語解説(ロンドン交響楽団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンドン交響楽団
ロンドンこうきょうがくだん
London Symphony Orchestra

1904年に創立されたイギリスを代表する交響楽団。初代指揮者は H.リヒター。経営は楽団員によってまかなわれ,常任指揮者をおかず,W.フルトベングラー,T.ビーチャムらの一流指揮者を招いていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ロンドン交響楽団

イギリスのロンドンを拠点とするオーケストラ。1904年に設立。主な指揮者はハンス・リヒター、アンドレプレヴィン、クラウディオ・アバド、マイケル・ティルソン・トーマス、コリン・デーヴィスなど。イギリスを代表するオーケストラの一つとして世界的に知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンドン交響楽団
ろんどんこうきょうがくだん
London Symphony Orchestra

イギリスの管弦楽団。略称LSO。1904年設立。初代のハンス・リヒターが11年まで常任指揮者を務めたあとは、常任を置かずに活動を続けていたが、第二次世界大戦後にヨーゼフ・クリップス(1950~54)、ピエール・モントゥー(1960~64)、イシュトバーン・ケルテス(1965~68)を音楽監督に迎え、その後は79年までアンドレ・プレビンを音楽監督に迎えて人気を集めた。彼の辞任後はクラウディオ・アッバードが音楽監督を務め、イギリスを代表する交響楽団として活動を続けている。1963年(昭和38)初来日。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロンドン交響楽団の関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンドン交響楽団の関連情報