ロンドン軍縮会議(読み)ロンドンぐんしゅくかいぎ(英語表記)London Naval Conference

旺文社世界史事典 三訂版「ロンドン軍縮会議」の解説

ロンドン軍縮会議
ロンドンぐんしゅくかいぎ
London Naval Conference

1930年1月から4月まで,アメリカ・イギリスフランスイタリア・日本の5か国がロンドンで開いた海軍軍縮会議
ジュネーヴ軍縮会議(1927)が失敗に終わったため,イギリスの主催によりワシントン会議での海軍軍縮条約改定と補助艦問題が審議された。主力艦建造中止期間を5か年延期し,補助艦についてはアメリカ・イギリス・日本の比率を10:10:7とすることが定められたが,フランス・イタリアは自国主張が認められなかったので参加しなかった。日本の軍部はこの決定に激しく反対し,超国家主義運動台頭のきっかけとなった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「ロンドン軍縮会議」の解説

ロンドン‐ぐんしゅくかいぎ〔‐グンシユククワイギ〕【ロンドン軍縮会議】

1930年、ロンドンで開かれた日本・イギリス・アメリカ・フランス・イタリア5か国(フランス・イタリアは途中脱退)による海軍軍備制限のための会議。ロンドン海軍条約が締結され、主力艦以外の補助艦を一定の比率で制限することを決定。日本はイギリスやアメリカの約7割の補助艦を保有することになったが、国内では軍部が激しく反対し、統帥権干犯問題を引き起こした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ロンドン軍縮会議」の解説

ロンドン‐ぐんしゅくかいぎ ‥グンシュククヮイギ【ロンドン軍縮会議】

一九三〇年、ロンドンで開かれた海軍補助艦の保有量に関する軍縮会議。参加国は・米・日・であったが、地中海制海権を競う仏・伊は協定拒否。英・米・日で協定が成立。日本は総トン数で対英米約七割の補助艦を保有することになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ロンドン軍縮会議」の解説

ロンドンぐんしゅくかいぎ【ロンドン軍縮会議】

ワシントン海軍軍備制限条約(1922)の有効期間満了が近づいたため,マクドナルド・イギリス首相の提唱で,イギリス,アメリカ,日本,フランス,イタリアの五大海軍国がロンドンで開催した会議(1930年1月21日~4月22日)。 1927年6~8月に開かれた5ヵ国によるジュネーブ軍縮会議は,長い海岸線防衛用に主力艦を重視するアメリカと,世界にまたがる帝国防衛のために小型巡洋艦に制限を加えまいとするイギリスの対立が鋭く,暗礁にのりあげていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android