コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制海権 せいかいけん command of the sea; control of the sea

6件 の用語解説(制海権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制海権
せいかいけん
command of the sea; control of the sea

戦時,軍事力によって一定海域の自国による行動の自由を確保し,かつ管制しうる状態をいう。海洋国においては,その確保は死活的に重要であり,大陸国においては必ずしもそうではなく,海洋国の制海を破壊するほうにより大きな利益を得る場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいかい‐けん【制海権】

主に海軍力によって一定範囲の海域を支配しうる権力。海上権。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

制海権【せいかいけん】

戦時における交戦全海域または一部海域の軍事的支配権。その確立により敵艦船の航行が不可能になり,味方艦船の航行の自由が保障される。従来は戦勝のための必要な条件であったが,近来航空機の発達により制海権を得るためには制空権の獲得が必要となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいかいけん【制海権 control of the sea】

戦時あるいは非常事態に際し,自国の必要とする海域を自由に使用するとともに,敵に対しては自由な使用を不可能にさせることのできる能力。自国が必要とする海域あるいは海上交通路を自由に使用でき,しかも敵の利用を拒むことができ,戦略的にみて満足できる状態にあるとき制海が確保あるいは確立されたという。制海は本来,完全あるいは絶対優位の状態に達することが理想であるが,兵器技術が進歩し,航空機,ミサイル人工衛星等が発達しつつある現在では,いかなる国でも限られた一定の海域を一定期間支配できる(海上優勢sea superiorityという)程度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいかいけん【制海権】

一定海域を海軍力などの兵力により支配しうる権力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

制海権
せいかいけん
control of the sea

自国にとって必要な海域を自由かつ排他的に使用しうる能力もしくは状態。海洋は陸地と違って占領することも常続的支配もできない「広大な共有地」(マハン)なので自国の海上交通路を確保し、敵国の使用を妨げるには、一定の海域を必要な期間管制することが不可欠になる。ギリシア時代すでに「波濤(はとう)を制するものは世界を制す」のことばがあり、大航海時代のイギリスでは海賊紳士ウォルター・ローリー卿(きょう)が「海を支配するものは通商を支配し世界を支配する」と制海の意義を説いているが、制海権の帰趨(きすう)が国際政治の決定要素の一つとみなされるようになったのは、1890年にアメリカ人A・T・マハンが『海上権力史論』The influence of sea power upon historyを発表し、国家の興隆と制海権確立との因果関係を論証してからのことである。マハンの教義は「軍艦旗は商船旗に先行しその嚮導(きょうどう)者となるべし」という大海軍主義に結晶し、20世紀前半の列国の海軍政策に大艦巨砲と決戦艦隊思想の形で持ち込まれた。しかし洋上決戦によって海洋支配が獲得できた時代は日本海海戦をもって終わり、以後は潜水艦や航空機の登場で制海の意義と範囲はしだいに限定的、一過的なものに縮小されていった。さらに第二次世界大戦後の軍事戦略にあっては、戦略核兵器が潜水艦に搭載されて海洋に移動し、敵国の首都にねらいをつけるという事態が生じたほか、海軍戦闘もミサイルや電子戦を含む複雑なものに変化したため、古典的意味での制海権は今日ほとんど通用しなくなっている。[前田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制海権の関連キーワード戒厳緊急事態国家非常事態際して際する非常事態宣言非常召集エマージェンシーパワー非常事態用食品タイの非常事態宣言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

制海権の関連情報