コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロードス[島] ロードス

2件 の用語解説(ロードス[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ロードス[島]【ロードス】

エーゲ海南東部,トルコ南西端から約20kmにあるギリシア領の島。島の1/3は耕地で,麦類,タバコ,綿花,ブドウオリーブなどが栽培される。国際的な観光地。前10世紀ころドリス人が植民し,前408年ロードスの町が建設され,貿易基地として繁栄した。
→関連項目アポロニオス(ロドスの)ドデカネス[諸島]ヒッポダモス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロードス[島]【Ródhos】

エーゲ海南東部,アナトリア半島南西端沖にあるギリシア領の島。古代名はロドスRhodos。面積1398km2,人口約6万7000。南北78km,東西35kmのサツマイモ形の島全体は水に恵まれ,山間部は現在でも深い森林に覆われている。土地は肥沃でかんきつ類,オリーブ,ナシ,ピスタシオが栽培されている。ドデカネス(ドデカニソス)諸島最大の島で,その立地条件から,青銅器時代すでに,エーゲ海域とオリエント世界を結ぶ海上交通の要衝であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロードス[島]の関連キーワードアナトリアエーゲ海エーゲ文明バターン半島バルカン半島ミロス島イタリア半島イベリア半島シトニア半島アナトリアン・シェパード・ドッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone