ロードス(英語表記)Rodos/Ρόδος/〈英〉Rhodes

デジタル大辞泉の解説

ロードス(Rodos/Ρόδος/〈英〉Rhodes)

ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶロードス島の北東端に位置する都市。同島の中心地。古くから海上交通の要衝。また、ヘレニズム時代に世界七不思議の一として知られるコロッサス(太陽神ヘリオスの巨大な青銅像)が港口に建っていたと伝えられる。堅固な城壁で囲まれた旧市街は、14世紀に聖ヨハネ騎士団が築いた城塞都市であり、騎士団長の宮殿や騎士団の施療院(現在は考古学博物館)が残っている。1988年に「ロードス島の中世都市」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。ロドス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ロードス【Rhodos】

エーゲ海南東端、トルコ南西岸に近い島。ギリシャ領。ヘレニズム時代に青銅のアポロン像が建てられ、ギリシャ・ローマ・ビザンツ時代の美術的遺跡に富む。中心都市ロードス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android