コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロードセル ロードセル load cell

3件 の用語解説(ロードセルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロードセル
ロードセル
load cell

荷重計の一種で,外部から加えられる力 (荷重) を,これに比例した電圧や圧力に変換して,力の大きさを検出するトランスデューサのこと。電気抵抗線ひずみゲージ式,油圧式,空気圧式などがあるが,一般にひずみゲージ式のものが広く用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロード‐セル(lord cell)

荷重電気抵抗の変化としてひずみ計で計測し、重さに変換する装置。はかり、工作機械建設機械などに利用。荷重変換器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロードセル【load cell】

力を受ける起歪(きわい)体のひずみを,抵抗の変化に変換するひずみゲージなどで検出する力変換器である。図に代表的なひずみゲージ式ロードセルの原理と構造を示す。特殊鋼製の柱状の起歪体にひずみゲージがはられている。原理図に示すように,ゲージは荷重軸方向に2枚とそれと直角方向に2枚とでホイートストンブリッジ回路を形成している。無負荷のときにブリッジの平衡をとっておけば,起歪体の軸方向に力が加わってひずみが増加した分だけゲージの抵抗変化を生じ,ブリッジ回路の平衡がくずれ,電圧出力が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロードセルの関連キーワード永久ひずみ永久変形磁気ひずみ磁気歪み電気歪み歪み計ワープ永久歪み緩和弾性率電気歪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロードセルの関連情報