ローブ・デコルテ(読み)ローブデコルテ

百科事典マイペディアの解説

衿(えり)を大きく刳(く)り背や肩をあらわにしたドレス。イブニングドレスが代表的。普通ワンピース仕立てで,丈は床まで,袖(そで)なしで手袋は長いものを用いる。帽子はかぶらないが,宝冠をつける場合もある。外出の際は毛皮などのストールケープをはおる。日本では1886年宮中の洋式服制が定められ,大礼服マントー・ド・クールに次ぐ女性の中礼服として用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のローブ・デコルテの言及

【服制】より

…洋式服制は,86年6月23日の宮内省内達で実現した。西欧宮廷と同様な大礼服マントー・ド・クールmanteau de cour,中礼服ローブ・デコルテrobe décolletée,小礼服ローブ・ミーデコルテrobe me‐décolletée,通常礼服ローブ・モンタントrobe montanteである。大礼服は新年式に着用する豪華な最高礼服で,トレーンを引き,その長さとお裾奉持の人数は,身分によって定まる。…

【ローブ】より

…ローブ・ア・ラングレーズrobe à l’anglaiseは簡素なイギリス風,ローブ・ア・ラ・ポロネーズrobe à la polonaiseはポーランド風など,各国のモードをとり入れてフランス化したものが流行した。 日本で明治時代に宮中の礼服として採用されたローブ・デコルテrobe décolletéeは,衿を大きくく(刳)り,背や肩をあらわにしたドレス,ローブ・モンタントrobe montanteは衿が首の長さいっぱいまであり,袖も長いドレスをいい,これらは今日にも残されている。【池田 孝江】。…

※「ローブ・デコルテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android