コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワガドゥグー(英語表記)Ouagadougou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワガドゥグー
Ouagadougou

ブルキナファソの首都。同国中部,標高 300mに位置。 1050年頃モシ王国の首都として建設されたといわれ,王宮が現存。現在もモシ族の中心地。コートジボアールアビジャンからの鉄道 (全長 1146km) の終点で,ガーナ,トーゴへも道路が延びている。ラッカセイ (落花生) ,シェアナッツなどの集散地で,シェアバターなど食品加工業がある。彫り物,敷物などの伝統的手工芸も盛ん。政治,教育,観光面ではブルキナファソ最大の都市であり,経済面でボボ族の中心地ボボディウラッソと競っている。国際空港がある。人口 147万5223(2006)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワガドゥグー

ブルキナ・ファソの首都。同国中部にあり,アビジャンから鉄道が通じる。鉄道・道路交通の要地で,農産物の集散地。空港もある。モシ王国の都として11世紀に創建され,いまも宮殿がある。147万5223人(2006)。
→関連項目ブアケブルキナ・ファソボボ・ディウラッソ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワガドゥグーの関連情報