コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット・ポー Wat Po

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワット・ポー
Wat Po

タイバンコク市内にある仏教寺院。ポー寺。正式にはワット・プラチェートゥポン。王宮の南隣に位置する。1793年王城守護のために創立されたが,大部分はラーマ3世(在位 1824~51)の治世に造営された。全長 49mの金箔ばり釈迦涅槃像(1840頃)がある。本堂をめぐる回廊には 600体をこす等身大のブロンズの仏像が並んでいる。これらはラーマ1世(在位 1782~1809)の時代に,古都スコータイアユタヤから運ばれてきたもの。本堂の高さは約 50m,タイ第1の大寺院である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワット・ポーの関連キーワードバッタンバンバタンバン片岡燦平歩りえこ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワット・ポーの関連情報