コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワトソン=クリック模型 ワトソン=クリックもけいWatson-Crick model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワトソン=クリック模型
ワトソン=クリックもけい
Watson-Crick model

デオキシリボ核酸 DNAの立体構造に対して,J.ワトソンと F.クリックが 1953年に共同で提出した模型のこと。これは螺旋階段状の構造 (二重螺旋) をもち,構造単位であるヌクレオチドが,左右1対ずつ,縦に長くつながり合ったものである。各ヌクレオチドは 塩基-糖-リン酸 の3部分が組合わさったものであるが,塩基に異なる4種類のものがあり (A,G,C,T) ,このうち特定の1対ずつ (A-T,C-G) が対合して,階段の「踏み板」を形成し,糖とリン酸は,縦につながって左右1対の「手すり」となる。このモデルによると,(1) 新たな分子が形成される際には,塩基の対合が離れてから,互いに自分に合う材料を引寄せて新たな二重螺旋を形成するので,忠実な複製的増殖が,繰返し可能である,(2) 縦方向に塩基の並び順を考えると (たとえば AGCTAGTC…) ,4種類の塩基から成る分子的暗号となりうる。複製と分子的情報という。以上2点は,遺伝子として要請される性格を満たしているので,それまでも核に局在することなどから遺伝子としての可能性を考えられていた DNAが,遺伝子そのものであることがにわかに絶大な説得力を帯びてきた。このモデルに基づく多数の実験が矢つぎばやに企画され,いずれもモデルを支持し,分子生物学の時代を確立する主要な動きが,ここから始った。このモデルは DNAのX線回折像の分析データなどをもとにして組立てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワトソン=クリック模型の関連キーワード組換えDNADNA鑑定遺伝子工学DNA遺伝子核酸逆転写酵素制限酵素PCR遺伝的組換え

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android