コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラタ Oualata

世界大百科事典 第2版の解説

ワラタ【Oualata】

アフリカの西サハラ南縁(現,モーリタニア南東部)にあるオアシスの町。8~11世紀にこの地方に栄えたガーナ王国の首都の北方に位置し,当時すでに北アフリカとの交易の中継地だったと思われる。11世紀後半のガーナ王国崩壊のとき,首都の住民の多くはワラタに逃げたと伝えられる。その後14世紀を最盛期とするマリ帝国の時代に,北アフリカとマリを結ぶ交易中継地の一つとして重要性を増した。14世紀のイタリアの地誌家の記述にはワラタの名があり,アラブの大旅行者イブン・バットゥータは1352年にこの町(彼はイワーラータンと呼んでいる)を訪れて50日滞在し,その後24日歩いて当時のマリ帝国の都に赴いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ワラタの関連キーワードウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落新カンガルー・スキッピーネーサン アウタリッジウスバタケ(薄歯茸)スーパーラグビーエツキイワノカワサルノコシカケシンゲッティ小笠原諸島メシマコブティシットクレスチンカワラタケアフリカ史タマムシカレバラワラッタ薬用菌類ウワダンテロペア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android