コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラビー(英語表記)wallaby

翻訳|wallaby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラビー
wallaby

有袋目カンガルー科の動物のうち中型種の総称。比較的大型のワラビー属 Wallabia,岩地に適応したイワワラビー属 Petrogale,ウサギ大でとび方がノウサギに似たウサギワラビー属 Lagorchestes,尾の先端に角質の距 (けづめ) があるツメオワラビー属 Onychogaleaなどがいる。おもにオーストラリアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワラビー【wallaby】

有袋目カンガルー科に属する哺乳類のうち,姿がカンガルー(カンガルー属)に似るが,それよりも小型の動物。ウサギワラビー属Lagorchestes,イワワラビー属Petrogale,ツメオワラビー属Onychogalea,ヤブワラビー属Thylogale,ワラビー属Protemnodonなどに属する動物の総称で,約35種あるが,狭義にはワラビー属に属する約10種を指す。大きさを除くと外観から区別することはむずかしいが,からだつきがカンガルーに比べてきゃしゃで,後足が小さく,尾が細いのが特徴。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワラビー【wallaby】

カンガルーのうち、小形のもの。
スエードなどの一枚革を左右から包むような形にして、袋縫いで仕上げたショート-ブーツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラビー
わらびー
wallaby

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科ワラビー属に含まれる動物の総称。この属Protemnodonの仲間は、オーストラリア、タスマニア島、ニューギニア島に分布する小形カンガルーで約9種があり、育児嚢(いくじのう)はよく発達している。大きさは種によって異なり、頭胴長50~100センチメートルに達する。なお、より広義にはウサギワラビー属、イワワラビー属、ツメオワラビー属、ヤブワラビー属、クアッカワラビー属などの仲間もワラビーの名でよばれる。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワラビーの関連情報