コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルファリン warfarin

翻訳|warfarin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルファリン
warfarin

化学式 C19H16O4 。4-オキシクマリンとα-ベンジルアセトンを縮合させて合成する。水,ベンゼンには不溶,アルコールには可溶,アセトン,ジオキサンには易溶 (ナトリウム塩は水に可溶) 。融点 159~161℃。殺鼠剤として使用される。ただし,少量ずつ連日摂取され,ねずみの血液中にある程度の蓄積がなされ,かつある期間持続される必要がある。 0.25~0.5%濃度に混ぜた餌を5日以上連続摂取すると効果が現れる。市販品にはデンプン,色素,砂糖などを混ぜて錠剤にしたものもある。トモリンも類似化合物を主剤とした殺鼠剤である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワルファリン
わるふぁりん
warfarin

血液凝固阻止剤(抗凝血剤)で、肝臓における血液凝固因子(第・第・第・第X因子)の生合成を抑制し、クマリン誘導体としての抗凝血作用を現す。医薬品としてはワルファリンカリウムが使われる。これは白色結晶性粉末で、においがなく味はわずかに苦い。血栓症や塞栓(そくせん)症の治療および予防に適用される。また、ビタミンK剤とよく拮抗(きっこう)するので、本剤の過剰投与による出血傾向はビタミンK剤の投与で阻止できる。錠剤(1ミリグラム、5ミリグラム含有)が市販されている。初回20~40ミリグラムを経口投与し、一両日休薬して凝固能を確認後、1日1回1~5ミリグラムを維持量とする方法と、初めから5~6ミリグラムを1日1回投与する方法とがある。絶えず血液凝固能検査(プロトロンビン時間の測定など)を行う必要があり、また他剤との相互作用が多くみられるので注意する。なお、極量は1回75ミリグラムである。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワルファリンの関連キーワードロキソプロフェンナトリウムマクロライド系抗生物質オーダーメード医薬品心臓弁膜症と歯科治療ビタミンKと代謝異常オーダーメード医療脳出血(脳溢血)ネフローゼ症候群閉塞性動脈硬化症抗凝固療法と納豆鼻づまり・鼻血産褥静脈血栓症ホウレンソウブロッコリーワーファリン僧帽弁狭窄症抗凝固療法シメチジンビタミン配合禁忌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android