ワーキングホリデー(Working Holiday)

留学用語集の解説

ワーキングホリデー(Working Holiday)

ワーキングホリデー(Working Holiday)とは、二国間の協定に基づいて、最長1年間 異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために 付随的に就労することを認める特別な制度。国際的視野をもった青少年育成や、国同士の相互理解、友好関係を促進することを目的としています。国によって詳細は異なるが、18歳からの30歳までに一度だけ利用できる。現在日本では以下の9カ国へ、ワーキングホリデー渡航が可狽ナある。オーストラリアニュージーランドカナダ韓国フランスドイツイギリスアイルランドデンマーク

出典 留学用語集:(株)ラストリゾート留学用語集について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android