コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一実神道 いちじつしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一実神道
いちじつしんとう

一実とは真実の一乗の意で『法華経』の所説のこと。本地垂迹思想の隆盛を背景に中世に天台教学によって発展した神道論。両部伊勢神道と並んで,江戸時代にいたるまで上流階級から庶民にいたるまで影響を及ぼした。日本天台宗の中心比叡山延暦寺の土地神である日吉神社を山王としてあがめ,それを中心として山王 21社をそれぞれ仏,菩薩に配し,『法華経』に基づく国家守護的な思想を説いた。『平家物語』『太平記』などに表われた宗教思想の一面をなしているといえよう。山王一実神道日吉神道とも呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一実神道
いちじつしんとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一実神道の関連キーワード本地垂迹説天台神道依田貞鎮乗因天海梵舜慈等

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android