コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山王一実神道 さんのういちじつしんとう

4件 の用語解説(山王一実神道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山王一実神道
さんのういちじつしんとう

両部神道の一つ。日吉 (ひえ) 神道,山王神道ともいう。天台宗の神道説である。山王の2字は三諦即一一心三観の理を含むとして,延暦寺の鎮守としてあがめられる日吉山王と天台宗の教理を付会したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんのう‐いちじつしんとう〔サンワウイチジツシンタウ〕【山王一実神道】

日吉神道(ひえしんとう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山王一実神道【さんのういちじつしんとう】

日吉(ひよし‖ひえ)神道,一実神道天台神道とも。天台宗側から出た神道説で,法華経に基礎を置き,比叡山延暦寺の地主神たる日吉神を山王としてあがめる。平安後期か鎌倉初期に興ったと考えられ,江戸時代まで広く行われ,全国各地の山王社分布のもととなった。
→関連項目山王信仰神仏習合日吉大社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さんのういちじつしんとう【山王一実神道】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山王一実神道の言及

【山王神道】より

…以上が延暦寺を中心に発達した山王神道の概略であるが,この山王神道は智証大師円珍とその門流の僧徒の手によって発展充実し《山家要略記》《三宝住持集》などの伝書が作成された。 山王一実神道とは天台宗の〈三諦即一〉または〈円頓一実戒〉にもとづいて形成された神道思想で,〈山王〉と〈一実〉の語を結合させ江戸時代の初期南光坊天海(慈眼大師)によって提唱された。比叡山延暦寺が平安京鎮護の国家寺院として建立されたのに対し,天海は徳川幕府鎮護の寛永寺を江戸に建立し,幕府の開祖徳川家康の廟所日光廟をも天台神道によって建立,関東天台宗の基礎を固めた。…

※「山王一実神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山王一実神道の関連キーワード一実神道日吉三部神道橘神道天台神道日吉神社日吉神道日吉〈村〉日吉町乗因

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山王一実神道の関連情報