一朝(読み)イッチョウ

  • いっちょう ‥テウ
  • いっちょう〔テウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名]
ある朝。ある日。「一朝明ければ」
わずかな間。「一朝にして滅びる」
朝廷全体。また、朝廷に仕えるすべての人。
「―信仰してはじめて法流をうけ給ふ」〈平家・一〇〉
[副]急に何かあるときにいう語。いったん。ひとたび。「一朝事あるときは、すぐ駆けつけよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ある日の朝。ある日。
※経国集(827)一四・奉試賦得王昭君〈小野未嗣〉「一朝辞寵長沙陌。万里愁聞行路難」
※海道記(1223頃)序「五更に都を出て一朝に旅に立つ」 〔詩経‐小雅・彤弓〕
② わずかな間。かりそめ。
※菅家文草(900頃)二・後漢書竟宴、各詠史、得光武「時龍何処在、光武一朝乗」
※太平記(14C後)一〇「源氏多年の蟄懐(ちっくゎい)一朝(テウ)に開る事を得たり」 〔礼記‐檀弓上〕
③ (副詞的に用いられる) あるとき急に。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「今若し一朝病苦の為に此処にて死失せば」 〔韓愈‐短燈檠歌〕
④ 朝廷全体。または朝廷に仕えるすべての人。
※中院本平家(13C前)一〇「四しゅ帰伏して遂に門葉にまじはり、一てう信仰してはじめて法流をうく」 〔魏志‐杜畿伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一朝の関連情報