コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一朱銀 イッシュギン

百科事典マイペディアの解説

一朱銀【いっしゅぎん】

江戸時代の銀貨で,1両の16分の1にあたる。1829年(文政12年)創鋳のものと,1854年(嘉永7年)の創鋳のものがある。はじめ良質の銀を用いて文政南鐐(なんりょう)一朱銀と称されていたが,しだいに改悪されていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっしゅぎん【一朱銀】

江戸時代の定位銀貨の一種であり,一朱銀16枚で小判1両に相当した。文政12年(1829)7月に創鋳され,文政南鐐一朱銀と呼ばれた。南鐐というのは良質の銀を意味しており,文政7年発行の文政南鐐二朱銀と同じように上銀であったが,量目は二朱銀の7.5gに対し半量以下の2.62gとなっており改悪されていた。ついで嘉永7年(1854)1月発行の嘉永一朱銀はさらに減量して1.87gとなった。当時,銀1朱は銭250文に相当しており,品川湾(現,東京湾)岸において沿岸防備の目的で築造中の台場(砲台)の人夫の日当の支払いに用いられていたので,一朱銀は〈お台場〉とも呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いっしゅぎん【一朱銀】

一朱に相当する銀貨。文政一朱銀・嘉永一朱銀・貨幣司吹一朱銀の三種がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一朱銀の関連キーワード貨幣司吹一朱銀文政金銀安政金銀豆板銀一分銀御台場三種丁銀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android